Japanese

 

ジョシュアツリー国立公園へようこそ!

ジョシュアツリー国立公園 (Joshua Tree National Park) には、モハベ砂漠 (Mojave Desert) とコロラド砂漠 (Colorado Desert) という2つの特徴的な砂漠の生態系が存在しています。興味深い種類の植物と生物が、強風と時折り起こる豪雨で削られた土地に根を下ろしています。真っ暗な夜空、豊かな文化史、そして超現実的な地質特性が、南カリフォルニアのこの広大な荒野の驚異を見せつけます。

ジョシュアツリー国立公園の約3,207.17 km2 (792,510エーカー) にわたる敷地内にはいくつかの施設があり、ロスアンゼルス、サンディエゴ、ラスベガス、フェニックスからたった数時間でアクセスできる真の砂漠の荒野になっています。毎年何百万人もの人々が当国立公園を訪れ、ハイキング、キャンプ、写真撮影、ロッククライミングに興じたり、静かな砂漠風景を楽しんでいます。ジョシュアツリー国立公園の繁忙期は10月から5月で、夏期は大変暑く、時折危険で激しい雷雨に見舞われます。

開園時間と開園時期

ジョシュアツリー国立公園は年中、1日24時間オープンしています。ジョシュアツリー・ビジターセンター(案内所)、トゥエンティナイン・パームズ (Twentynine Palms) のオアシス・ビジターセンター (Oasis Visitor Center)、およびコットンウッド・ビジターセンター (Cottonwood Visitor Center) は10月~5月の間は毎日営業しています。いずれのビジターセンターにおいても、展示や見どころ・楽しみ方に関する情報、ジョシュアツリー国立公園協会ブックストアがあります。パークレンジャーのガイド付きのプログラムが年中提供されています。

 

自然と文化に関する情報源

この砂漠環境に適応して生き続ける多様な植物・生物群がここを棲み処としています。このような適応は、水源が乏しく極端な温度環境に対応するのに役立っています。このような驚くべき植生物たちを見て楽しんでください。但し、この地は彼らの棲み処であり、私たちは訪問者にすぎないことを忘れないでください。道から外れて歩くことは野生生物、植物、文化資源の状態を損なったり損傷したりすることになります。

ジョシュアツリー国立公園は、モハベ砂漠とコロラド砂漠という2つの特徴的な砂漠生息地のエリアを含み、当国立公園の大半はこれら2つの砂漠地域の遷移地域になっています。公園の西半分が標高約900 m (3,000フィート)を超えるモハベ砂漠の生息環境となっています。この区域では、ジョシュアツリー、巨岩群 (boulder stacks)、ピニオンマツ(pinyon pines)、ウチワ(団扇)サボテン(prickly pear cactus)が見られます。高地にあるこの砂漠は、涼しく多湿です。他方、コロラド砂漠は当国立公園の南側にあり、チョーヤサボテン園(Cholla Cactus Garden)を過ぎたところにあります。標高約900m (3,000フィート)未満にあるこの砂漠の環境は、暑く乾燥しています。メキシコハマビシ(Creosote bushes)が風景のほとんどを占め、オコチョウ(ocotillo)、緑色の樹皮を持つパロヴェルデ(palo verde)、そして春には条件が良ければ野生の花を目にすることができます。

サンアンドレアス断層(San Andreas Fault)は、世界で最も活動的な地震断層の1つです。南西の境界部分に沿って伸びており、いくつかの見晴らしの良い場所から眺めることができます。さらに当国立公園から直接伸びる断層ラインがいくつもあります。

当国立公園の北のいくつかの地区にわたって、積み重なった巨岩(ロックパイル)があります。これらの巨岩群は、プレートテクトニクスと火山活動により、数千年前に地下で形成されたものです。地中深くで冷やされたマグマがモンゾ花崗岩(monzogranite)と呼ばれる岩石を作り、その上を覆うピント片麻岩(Pinto gneiss)として知られる岩石に貫入しました。花崗岩が地下で冷却・結晶化すると、亀裂が生じます。花崗岩が持ちあがり続け、地下水が亀裂を広げ、片麻岩は風化・侵食されます。土壌が侵食により失われると、亀裂を生じ侵食されたモンゾ花崗岩が残り、ブロックを積み重ねたように露出します。当国立公園内の岩石の形成をお楽しみください。尚、巨礫等(boulder)にペンキ等で落書きしたり、傷をつけること等は違法行為ですので、ご注意ください。

国立公園内の動物に近づいたり、食べ物を上げたり、触ったり、捕獲、または嫌がらせをすることは違法であり、また人間と野生動物の双方にとって有害です。野生生物に近づいたり食べ物を与えず、敬意をもって接することで、彼らがありのままに生活することを手助けすることになるのです。野生生物を野生のままに維持することで、彼らと自分たちの安全を守ることができるのです。
当国立公園では、春に花を咲かせる多くの野生植物等のおよそ750種の維管束植物が存在しています。当国立公園には膨大な数の木々や低木、サボテン、希少植物も存在しています。
この地域のヒトの歴史は10,000年以上遡ります。今日では15部族のアメリカインディアン(アメリカ先住民族)、主にセラーノ(Serrano)、チェメウェビ(Chemehuevi)、カウィヤ(Cahuilla)族が当国立公園を祖先の居住地であると考えています。伝統的にゆかりのある先住民族は当国立公園と共にこの風景の理解および保護に取り組んでいます。現在のジョシュアツリー国立公園となっている場所に、アメリカインディアン、炭鉱夫、農場労働者がいたのです。多くの考古学調査の場所で、訓練を受けていない目で見るとゴミに見えるものが実際には過去の住民の歴史的または有史以前の証拠であるものが存在しています。ですから、これらの場所で調査の妨げになるようなことをしないでください。この国立公園で見つけたものを写真に撮ったり、場所をメモしたり、ビジターセンターにいる公園管理者(レンジャー)に報告するなどして、この国立公園のもつ歴史や物語を守ることにご協力ください。
 

食事と宿泊

ジョシュアツリー国立公園には9つのキャンプ場があります。繁忙期には予約を要するキャンプ場もあります。当国立公園のキャンプ場についての情報およびご予約は、ウェブページ(recreation.gov)にアクセスしてください。
ジョシュアツリー国立公園内には利用可能な宿泊施設はありません。当国立公園外の周辺地域に宿泊する場所があります。
原生自然の中で一晩過ごす経験を求める冒険的なハイカーのために夜通し駐車できる駐車場があります。駐車場から少なくとも1マイル離れた所をハイキングするよう準備しましょう。「立つ鳥跡を濁さず」の基本ルールを忘れずに。
公園内には食事や飲食場所を提供するサービスはありません。公園外の周辺地域にレストランや食料品店があります。
 

安全について

皆様のジョシュアツリー国立公園の旅が安全で快適なものになることを私たちは望んでいます。以下の情報を念頭に、十分準備したうえでご来園ください。最終的にはご自分の安全は自身で責任をおもちください。

携帯電話のつながる場所にいる場合、911にお電話してください。当国立公園内で携帯電話の利用できない場所はほとんどありません。緊急用の電話機はインディアンコーブ(Indian Cove)のレンジャーステーション、コットンウッド(Cottonwood)ビジターセンターのテラス、ヒドゥンバレー・キャンプ場(Hidden Valley Campground)近くのインターセクション岩(Intersection Rock)の駐車場に設置されています。万が一の場合に備えて、ご自分の旅程を友人やご家族の方にお知らせしておいてください。

夏の間、気温が高く、日差しもきつく、湿度は低くなります。乾燥した砂漠環境で脱水状態になるのを避けるため十分な量の水分を補給するようにしてください。日中の発汗で失われる水分を補うのに、少なくとも1ガロン(約4リットル)の水を飲むようにしてください。 当国立公園内で水は入手不可能です。携帯用の水は園内の端付近にある数か所でのみ入手可能です。

  • トゥエンティナインパームズのオアシス・ビジターセンター(Oasis Visitor Center in Twentynine Palms)
  • 西側入り口ステーション(West Entrance Station)
  • ブラックロック・キャンプ場(Black Rock Campground)
  • コットンウッド・キャンプ場(Cottonwood Campground)
  • インディアンコーブ・レンジャーステーション(Indian Cove Ranger Station)

出発前にきちんと食事をして下さい。アウトドアでの活動にはカロリーが必要です。暑い日には、塩気のあるスナックを食べると発汗で失われた電解質を補給するのに役立ちます。

日差しから守るため、ゆったりめの淡い色の衣服に広いつばのついた帽子を着用しましょう。衣服から露出している肌の部分には日焼け止めを塗布して下さい。サングラスを着用して眼を保護してください。

野生動物を野生のままにしておいてください。野生動物はどのようなものでも近づくと危険があります。野生動物はハンタウイルス、ペスト、狂犬病等の命にかかわる病原菌を保持している可能性があります。野生生物を眺める際は、常に安全な場所や車から、あるいは十分な距離を置いて眺めるようにしてください。動物に近づいて写真を撮ったり、お子様に動物を追いかけさせたり捕まえたりさせないでください。 野生生物に食べ物を絶対に与えないでください。人間の食べ物は動物の健康には良くなく、人間に対して攻撃的になる可能性があります。食べ物は必ず各面がしっかりした容器に入れるか車の中に保管し、ゴミはカラス、コヨーテ、その他の動物が食べないようにゴミ箱に捨てて下さい。 当国立公園には、ガラガラヘビ(rattlesnake)、サソリ(scorpion)、クロゴケグモ(black widow spider)等の有毒な動物が数種類います。当国立公園内でハイキングまたはクライミングをする場合、手や足を置く前に必ずその場所をチェックしてください。ご自分で見えない場所に手や足を延ばさないで下さい。 ハチは自分たちの巣への危険を察知すると攻撃的になります。ハチの音に注意し、常に離れているようにしてください。ハチが水を求めている場合、ハチは水分のある所に引き寄せられますが、人間の汗にも引き寄せられます。ハチを叩こうとするとハチが刺す恐れがあるので、ハチを叩こうとしないでください。飲み物や食べ物は車に保管してください。車の窓は完全に上まで締め、車から出る際は注意して出て下さい。
公園内の道路は狭く曲がりくねっており、路肩は軟質の砂地です。運転の際は注意し、制限速度を守ってください。絶滅危惧種のサバクゴファーガメ(desert tortoise)等、多くの野生動物が制限速度以上のスピードで走行する車に殺されています。 野生生物や風景を眺めるために停車する場合、道路わきの舗装済み停車スペース(pull out)や駐車場をご利用ください。走行車線での停車は事故の原因となりますので絶対にしないでください。 道路から外れて運転することは禁止されています。砂漠環境は見た目よりもずっと脆くデリケートなのです。道路から外れて運転すると走行跡(わだち)を残し、水はけのパターンを乱して、土壌を圧縮し、目に見える跡を数年もの間残すことになります。押し潰されたり土から引っ張り出された植物は元に戻らず、野生生物の隠れ場が破壊され、動物たちが死んだり怪我をしたりすることになります。 水を必要量よりも多く車に積み、ご旅行下さい。車にトラブルがあった場合は車から離れないでください。
嵐や鉄砲水は強力で突然起こります。暴風雨の際は峡谷(canyon)やウォッシュ(扇状地の水路)を避け、高台に移動する準備をしてください。運転中は道路を流れる水に注意してください。水の中を運転しようとしないでください。溺れないよう、引き返すことを心に留めておいてください。 ハイキングとクライミング ハイキング、クライミング、サイクリングを暑い日にしようとしていますか?1日につき1人8リットル(2ガロン)の水を持参するようにしてください。その水を節約せずにキチンと飲んでください。持参した水の半分がなくなったらそのまま行き続けず、折り返して戻るようにください。 おひとりでハイキングするのは避けて下さい。グループで行動するかどうかに関係なく、友人またはご家族にご自分の計画しているコースと戻ってくる予定時間を知らせておいてください。必ず地図とコンパスを持参し、また使い方も理解しておいてください。ハイキングの出発前に天気予報をチェックしましょう。また砂漠の天気は突然変わることがあることも認識しておいてください。ハイキングをする時は、日中短時間のハイキングの場合でも、必ずヘッドランプを持参してください。「立つ鳥跡を濁さず」の第一原則と「事前計画と事前準備」を忘れずに。 包括的な応急セットを持参しましょう。櫛とテープをそのキットに入れて下さい。これらはチョーヤサボテンやその他のサボテンの棘を皮膚から抜くのに役立つことが多いです。このほか、砂漠のハイキングには、毛抜き、安全ピン、色々な大きさの絆創膏、化膿止めの軟膏(抗生物質入り傷薬)、抗菌ワイプ、傷口を閉じるためのテープ、水膨れができた場合のモールスキンまたはダクトテープ、圧迫包帯、痛み止め等の飲み薬(イブプロフェン、アスピリン、抗ヒスタミン錠)、余分の食べ物と塩気を含むスナック、緊急用の毛布の持参をお勧めします。以上は必需品すべてではありませんが、計画する際の手始めとして役立つと思います。 ご自分の熟練度を見極め、決して実力以上の無理をしないでください。砂漠で命を落とすこともあるのです。
当国立公園内には多数の古い採鉱地(mine site)があります。これらの採鉱地を訪れる場合、細心の注意を払い、坑道(mine tunnel)や縦坑(mine shaft;垂直式の坑道)には絶対入らないでください。
冬の温度はかなり下がり、氷点下になることもあります。氷点以上の温度でも低体温は危険です。涼しい期間には常に衣類をもう一枚持参するようにしてください。 冬の短い日照時間により、ハイキングに要する時間を見積り間違えるハイカーもいます。冬至(winter solstice)に近い時期は、午後4時までにコースの起点(trailhead)に戻るように計画してください。
 

国立公園へのアクセス

わたしたちは、当国立公園の施設、サービス、プログラムを皆様が利用できるように努力しています。これらの情報については、ビジターセンターに来られるか、レンジャーへの質問や電話でのお問い合わせ、または当国立公園のウェブサイトをご覧ください。

天候

通常は晴天で湿度25%です。気温は春と秋が最も快適で、平均最高気温は29°C (華氏85度)で平均最低気温が10°C (華氏50度)です。冬は涼しく、15°C(華氏60度) 前後の気温で、夜間は凍り付くような寒さです。標高の高い場所では時折雪が降ります。夏は暑く、日中の気温は38°C (華氏100度)を超え、夜間は約24°C (華氏75度)です。

ペットのご同伴

ペットは飼い主の皆様の交友、愛情、楽しみを与える私たちの生活の重要な一部です。当国立公園の規制により、ハイキングコース、奥地、公園施設へのペットの立ち入りは禁止されていますが、その代わりにジョシュアツリー国立公園にはペット同伴で楽しめるエリアも沢山あります。

ペットに関する規制

  • ペットは常時リードに繋いでいてください。使用するリードの長さは1.8 m (6フィート)以下とします。
  • ペットが道路、ピクニックエリア、またはキャンプ場から30.5 m (100フィート) 以上離れた所には行かないようにして下さい。
  • 飼い主は糞等を当国立公園内に残さないよう綺麗に片づけて下さい。
  • ハイキングコースや奥地にはペットの立ち入りは禁止されています。
  • 上記規制の違反者には罰金があります。

ペットにも十分な量の水を持参することを忘れずに。ペットを車中に無人状態で放置しないことを、暖かい日の場合は特にお勧めします。

Last updated: April 23, 2019

Park footer

Contact Info

Mailing Address:

74485 National Park Drive
Twentynine Palms , CA 92277-3597

Phone:

760 367-5500

Contact Us

Stay Connected